• オンラインショッピング
      • アクセス
当社の創業は1929年(昭和4年)。現在の本社所在地である横浜市港南区で養鶏業をはじめ、1979年(昭和54年)に生産部門と販売部門を分社して以来、鶏卵の流通を担ってきました。
 


設立以来、当社は『マーケット主義』を貫いてきました。
日本人1人当たりの年間鶏卵消費量は約330個。
これは世界的にも多く、たまごは日本人の食生活には欠かす事の出来ないものとなりました。また『卵かけご飯』といった『生食文化』もあることから鶏卵の安全性と品質にはこだわり続けています。
 
 

マーケットは絶えず変化しています。これから日本は少子高齢化、人口減少といった過去に経験したことのない時代を迎え、鶏卵を含む食品の消費スタイルも家庭で調理(内食)していた時代から外食、中食というように変わってきました。 『たまご』という大変シンプルな食品を取り扱っています。当社の『たまご』でなければいけない理由はありません。当社の『たまご』が欲しい、買いたい、美味しい、『八千代ポートリーさんがいてくれて助かった』と言われるように日々、世の中の変化に対応し続けていきたいと思っています。
 
 

また、鶏卵関連事業は『自然とともに歩む事業』なので環境負荷の少ない事業モデルの構築をしなければいけません。
再生可能エネルギーの利用や国産米を飼料用に活用するのもその一例です。 これからも環境に優しい循環型事業の構築に取り組んでいきます。
最後に、何事にも相手がいることや消費者や取引先の立場で物事を考え、
『日に新たに(チャレンジ)』、そして『志は高く、頭は低く』の精神を大切に社会から評価を頂けるように努めて参ります。

株式会社八千代ポートリー
代表取締役 笠原政利


 

(c)2005-2018 Yachiyo Poultry all rights reserved.

(c)2005-2018 Yachiyo Poultry all rights reserved.